Googleがサービスを香港へと移動 〜官軍はどちらとなるか

  • 2010/03/27(土) 16:36:21

Googleは、中国政府が実施している検閲には従わない姿勢を示し、中国政府がこれを認めない限り、中国国内からの事業の撤退もやむ無しという認識を示していました。

そしてしばらくの間Googleと中国政府の協議は続けられましたが、結局のところ中国から半撤退という結果になってしまったようです。

■サービスは香港へと移動
さて、現在中国のGoogleのアドレスであるgoogle.cnにアクセスすると、google.com.hkに飛ばされてしまいます。

参考:
http://www.google.cn

飛ばされた先のロゴを見ると、"Google Hong Kong"となっていて、香港のサービスということが分かります。
このことからも、グーグルの中国向けサービスが香港へと移動させられたことが分かります。

なぜ香港かというと、元イギリス領の香港は、下記のWikipediaの記事でも述べられた通り、中国に返還された今でも英国法が残っているからです。

中華人民共和国内とは異なり、『香港特別行政区基本法』に基づき、英米法(コモン・ロー)体系が施行されている。基本法の規定により、中華人民共和国内の法律は「別段の定め」がない限り香港では施行されない。よって、基本法の解釈問題以外の法体系はイギリス領時代と全く同一である。したがって、死刑制度も存在しない。

(一部抜粋)

香港 - Wikipedia(Wikipedia)


つまり、香港は中国国内であっても、検閲を適用しなくていい地域となっているのです。

ところが、香港で検閲をやめたとしても、Googleの検索結果が中国国内のフィルタリングシステム「万里のファイアウォール」にブロックされてしまっているようです。

Piper JaffrayのアナリストのGene Munster氏は23日午前、中国内のコンタクトとの会話に基づいた調査報告を発表し、特定の話題について連続して検索するとブロックされてしまうことが観察されていることを明らかにした。場合によっては、問題視されているような検索用語を入力して検索を繰り返すと、Google.com.hkへのアクセスそのものが遮断されるようだが、いわゆる「万里のファイアウォール」(Great Firewall of China)と呼ばれる検閲にかかったとしても、そのコンピュータを再起動すれば、(Google.com.hkへの)アクセスも再び回復するという。

(一部抜粋)

グーグル検索結果へのアクセス、中国で一部遮断か(CNET Japan)


■勝てば官軍となるのはGoogleか中国か
Googleに追随する動きを見せている企業もあります。それは、ドメイン会社のGoDaddyです。
 The Washington Postの報道によると、インターネット上の自由と中国を議題とする米国時間3月24日の議会公聴会において、GoDaddyの幹部陣は、登録者に関する詳細情報を求める政府の新方針を受けて、中国でのドメイン名の登録停止を発表する予定だという。2009年12月以降、「.cn」ドメイン名の登録を希望する個人や企業は、自身の写真と中国における営業許可証のシリアル番号の提出を求められている。

(以下略)

GoDaddy、中国ドメインの登録を停止へ--中国国内からのサイバー攻撃も明らかに(ITpro)

もし、この先もGoogleに追随する企業が出てくれば中国も検閲をやめざるをえないでしょう。検閲は中国の体制維持には必要不可欠ですが、経済成長もまた中国の体制維持には必要不可欠だからです。
もし、中国の成長が止まってしまったとしたら、抑圧されている中国国民は不満の矛先を政府に向けるというのはよく耳にする話です。

世界的な常識でみると、中国の検閲や人権抑圧は非常識であり許されざることですが、中国としては現在の社会を維持するのに必要不可欠なことであり、検閲に従わないGoogleは違法企業でしかありません。

結局のところは押し通すことができた方が勝ちというわけで、そういう意味では「勝てば官軍、負ければ賊軍」といえなくもないです。

さて、官軍となるのはどちらでしょうか?

とっても便利「ニコニコ動画マイリストまとめてチェッカー」

  • 2009/08/09(日) 23:05:31

ニコニコ動画が始まってから、2年と半年を過ぎました。私が使い始めたのは、まだYouTubeの動画にコメントをつけていたころですから、思えばニコニコ動画もずいぶんと色々なサービスが追加されたものです。

ニコニコ動画のサービス開始のころはランキングにあがったものを見ているだけで満足だったのですが、投稿動画数やユーザーそれぞれの趣向の違いにより、自分が面白いと思うものがランキングにあがってくるとは限らなくなってきました。

最近見ているのは、連載されているゲーム系の動画ですが、見ている数が増えてくるとチェックするのが手間になってきます。
最近までは、見ている連載動画の最新のものを一つのマイリストに保管し、定期的にチェック、新しいものがアップされたら、それをマイリストに入れて視聴という形を取っていましたが、いくら連載といえども、アップ主さんの都合に合わせての新作の追加という形になるので、このチェック方法は無駄が多いです。

どうしたものかと効率化の手段を探していましたが、そこで見つけたのが、このサイトです。

・ニコニコ動画マイリストまとめてチェッカー
http://kiki.opal.ne.jp/niconico/explain.php

どのようなサイトかというと、その名のとおり、マイリストの更新をまとめてチェックできるページです。たくさんの動画をアップしている方々は自分の更新履歴をマイリストに載せているため、マイリストの更新さえチェックできれば新着の動画をチェックできるとう寸法です。

この「ニコニコ動画マイリストまとめてチェッカー」の運営者であるKiKiさんは、サイト制作理由について以下の用に述べています。

当方、ほぼ毎日ニコ動を利用しているんですが、
「いつもチェックしてるマイリスがあるんだけど、わざわざニコ動サイトに行って自分のマイページから1つ1つチェックするのがめんどい」と思ったのがきっかけです。 (私はゲーム実況を多く見ていました。ゲーム実況はほとんどパート化されるので、、動画の更新をチェックする機会が多々あったんですね)
現在は、私のような境遇の方が他にいるのではないか??ということで、公開させて頂いています。このサイトを通じて、より便利なニコ動ライフを提供できれば幸いです。



まさに私も同様の悩みを抱いていた人間で、非常に助かっています。
今のところ登録できるマイリストの上限は50件となっていますが、チェック用のページは今のところひとり一件などの制限はされていません。
個人的には、更新されたマイリストが一番上に上ってくるというのが非常に便利なんですよねぇ。

マイクロソフトとヤフーが提供決定

  • 2009/08/02(日) 10:12:47

2008年初期にマイクロソフトはヤフーを買収しようとし、ヤフー側の拒否により失敗。ちょうど米国ヤフーは業績が厳しい頃でしたから、MSに株を引き取ってもらう機会を逸した株主からは大いに反発をしていました。

それから1年。米国時間2009年7月29に、紆余曲折ののちにマイクロソフトとヤフーの提携が正式にまとまりました。

 両社によると、今回両社が結んだ契約は10年間に渡るもの。Microsoftは今後10年間、Yahoo!のコアな検索技術の独占的ライセンスを入手し、その技術をMicrosoftの検索プラットフォームに統合する権利を得た。その上で、Microsoftの提供する検索サービス「Bing」は、Yahoo!のサイト上で提供される唯一の検索エンジンとなる。これはアルゴリズムサーチと有料サーチの両方に適用される。

 一方Yahoo!は、両社の優良広告主に対し、ワールドワイドで独占的に販売契約を結ぶ。Microsoftの「AdCenter」に代表されるセルフサービスタイプの広告は、Yahoo!のユーザーもMicrosoftのユーザーもAdCenterを利用することになり、広告価格は引き続き AdCenterのオークションで決まる。


(一部抜粋)

マイクロソフトとヤフーがようやく提携
(CNET JAPAN)


ただ、やはり何故あのときヤフーは買収に応じなかったのかという気もします。
ライバルであるグーグルをみると、この1年間で携帯用のプラットフォームであるAndroidを出したり、Google Chrome OSの構想を発表したりと大幅に躍進しています。
しかし、それに対してやふーは目立った大きな進歩をしている気配がありません。じり貧故に追い詰められての提携というのならば、前向きな結果は生みにくいと思われますが。

ただ、個人的に期待したいのは、これからヤフーでも使われるマイクロソフトの新検索エンジン「bing」です。発表当初からグーグルのシェアを奪い、ヤフーとの提携によって業界シェアとしては20%ほどになるはずです。
ヤフーの蓄積した情報とマイクロソフトの豊富な資金によって、グーグルより便利な検索エンジンとなってくれることを願ってやみません。

HOME |