iOS4をIPhone3GSに入れてみた

  • 2010/06/27(日) 00:00:01

6月22日にダウンロード可能になった、iPhone系の新OSであるiOS4。
とりあえず、ダウンロードが可能になってからすぐに試してみました。

■改良点は実によし
まず便利になったのが、画面回転系の制御です。

例えば、画面の回転ロック。
私は、休日の寝起きなどにおいて、床の上でiPhoneでWebサーフィンを行ってだらだらしていることがあります。
しかし、今までのOSバージョンだと、画面が重力の向きに従って回転してしまうため、自分が横になっていると見にくいという問題を感じていました。
しかし、今回のバージョンで自動回転を制御できるようになったため、寝ながらの操作もかなり楽になりました。

後、これはiOS4から追加された機能かどうかは自信がないのですが、ソフトウェアキーボードの入力中にも、回転ができるようになったというのが小さいながらも非常に便利です。

確か今までだと、キーボードの縦横切替は、その前のアプリ画面で行う必要があったはずです。
私は携帯配列の入力が苦手で、フリック入力も習得していないことから、もっぱら文字打ち込みはソフトウェアキーボードを使用しています。ただ、これがiPhoneの小さな画面では打ち込みにくく、画面を横にしてキーボード領域を広げないと使うには厳しいと思っています。
よって、横キーボードが切り替えやすい環境というのは、私にとって非常に歓迎できることなんですよねぇ。

その他、iPod機能で、プレイリストがいじれるようになったりと色々と便利機能が追加されていますが、積極的に使っていくのはこれからという感じです。


■慎重派は、まだ待っていてもいいかも
以上のように改良点は評価できるものの、気をつけなければならない点が1点あります。それは、iOS4にアップグレードすると、挙動が怪しくなるアプリがあるという点です。

私が使っているアプリでは、まずイラストSNSのpixivの公式アプリが全くの起動不可。また。twitterアプリのTweetDeckのキーボード回転機能がうまく働かなくなる不具合が発生しました。
前述の通り、iOS4ではキーボードの入力中にも画面の回転が可能になりましたが、TweetDeckはそれに競合したものと思われます。つまり、キーボードの手動回転機能が実装されていたアプリでは、軒並み同様の不具合が発生する可能性があります。

もし、愛用しているアプリがiOS4に対応しているか不安な方は、AppStroreのレビューを見てみるといいと思われます。
もしiOS4によって不具合が発生しているならば、その不具合の話題で盛り上がっているはずですから。

また、目玉とされているマルチタスク機能も、アプリ側で対応しなければ無意味なため、やはりアップデートを待つ必要があります。
私がインストールしたアプリの中でマルチタスクに対応したのは、radikoクライアントの「ラジ郎」くらいなので、全体的にまだマルチタスクに合わせられているアプリはそんなに多くないようです。

つまり、iOS4のアップデートに慎重になっている方は、アプリ側のアップデートを見計らってからがいいと思われます。
不具合に気づいて、修正して、審査に通ってで大体数週間くらいでしょうか。それくらいになってからアップデートしても、全く遅くはないと思います。

後、ちゃんと計測しているわけじゃありませんが、どうも挙動がもたついているような気がするんですよねぇ。また、iPhone4に最適化されたOSのはずですから、仕方がないと言ったら仕方がないのですが・・・

「Appleは一方的過ぎる!」との話2題

  • 2010/03/21(日) 09:44:41

iPadの発売を控え、ハードウェアやソフトウェアのみならず、音楽や書籍の販売へと手を広げるApple社。
しかし、このApple社に対して、最近不満の声をよく聞くようになっているような気がします。

今回は、その不満の声を二つ話題として取り上げたいと思います。

■アプリの勝手な削除は昔の任天堂の二の舞
まずは、iPhone SDKの契約の話です。
アプリの開発者はSDK(ソフトウェア開発キット)を使ってアプリケーションの開発を行うわけですが、もちろんアプリを開発してそれをiTunes Storeで販売する以上、契約を結ぶ必要があります。
そして、この契約ですがApple側に有利すぎると米国のEFF(電子フロンティア財団)に指摘されています。

・EFFのFred von Lohmann氏は次のようにまとめている。公的に語ることの禁止。開発者がこの契約に関して言明することを禁じる。

・iPhoneソフトウェア開発キット(SDK)を使って作成したアプリは、『App Store』を通じた配布のみが可能である。すなわち、Apple社によって公開を拒絶されたアプリを『Cydia』のような「闇のApp Store」で配布することはできない。

・ 50ドルを超える開発者の責任に対して、Apple社は免責とする。つまり、開発者が訴えられた場合でも、Apple社は50ドルを超える損害賠償金を支払う責任は負わない。

・iPhone SDKのリバース・エンジニアリングを行なったり、他者に行なわせたりしてはならない。

・Apple製品に干渉してはならない。すなわち、Apple製品の改造やハッキングを可能にするアプリは許容されない。

・Apple社は「開発者のすべてのアプリケーションについて、デジタル証明書をいつでも取り消す」ことができる。これは特に驚くことではない。たとえ一度承認されたアプリでも削除されることがあり、このような事例はこれまでに何度もある

(一部抜粋)


iPhoneアプリ開発の厳しい秘密契約:内容が明らかに(WIRED VISION)


事実、つい最近、米国ではアダルトに対しての審査基準の変更にともない数千のアプリが削除されていたり、セカイカメラが一時的に削除されたりということが起こっています。
事前予告や改善猶予期間があれば話は違うのでしょうが、大体はいきなりです。

Appleの販売するソフトウェアは基本的に一般の開発者に依存しているのですから、最大限の配慮はすべきだと思います。
ソニーがプレイステーションをもって任天堂からシェアを奪ったのは、サードパーティーを大事にしたからです。下手をすると、Appleは任天堂没落と同じ轍を踏みかねません。

■消費者の不安へは説明責任を尽くす必要性があるのでは?
次は、iTunes Store使用者が、見に覚えの無い請求を受けたとのことで、消費者庁がAppleに対して質問状を投げかけたのですが、その返答はすげないものだったという話です。

アップル社の音楽配信サイト「iTunes(アイチューンズ) Store(ストア)」で利用者が高額な代金を不当に請求される被害が多発している問題で、消費者庁は4日、同社側に追加の公開質問状を送った。先月17日の公開質問状に対し、被害規模を明らかにしないなど不十分な回答が来たためで、内閣府の大島敦副大臣は「今の回答で日本の消費者が満足するとは思えない」と述べた。

 同庁の調べでは、被害件数は昨年秋以降、大手クレジット会社5社だけで約100件に上る。だが、アップル社側は今月2日付で「請求の問題が異常に増加しているとの認識は有していない」と回答。被害の件数や金額については「プライバシーの問題があり、コメントを差し控える」と回答を拒んだ。


(以下略)

iTunes問題、消費者庁が追加質問状「回答不十分」(Asahi.com)


これに関しての返答は義務ではないのですが、これで消費者の不安が収まるのかというのは疑問です。Appleに関しては以前からバッテリーの爆発疑惑などが持ち上がり、その場合でも十分な説明はなされていません。

企業の事故の絶対数は企業規模に比例して増えるものです。
しかし、だからこそ事故割合の減少と事故が起きた時の説明を尽くす姿勢が重要となります。
そうでないと、今のトヨタのように致命的なミスを犯したときに大きな損害を被ることになりかねません。

Windows7さん、最近どうですか?

  • 2010/02/07(日) 20:43:28

Windows7が発売日した2009年10月22日よりしばらく経ちました。
そろそろ世の中の評価も固まってきたでしょうし、私の中でもどんなもんかという感じはつかめてみました。
ということで、今回はWindows7の事を話題として取り上げたいと思います。

■シェアの動きは?
まず、一番気になるのがWindows7のシェアがどの位伸びているかですが、マイコミジャーナルによると、現在7.51%という結果が出ています。


Net Applicationsから2010年1月のOSシェアが発表された。ここ2年間の傾向どおり1月もWindowsがシェアを減らす傾向が続いた。 Windows 7のシェア上昇幅が大きく、1月の平均シェアは7.51%に到達。Mac OS Xの全バージョンを合わせたシェアよりもWindows 7のシェアの方が多くなった。

(以下略)


Windows 7のシェア7.5%も、XPが66%で変わらず支配的
(マイコミジャーナル)


これに対して、 2006年11月9日に発売したWindows Vistaのシェアが、2007年7月25日の調査結果で、3%程という結果が出ています。

 OneStatによると、世界全体でのWindowsのシェアは96.72%、Macintoshは2.7%、Linuxは0.36%。2006年8月の調査では、Windowsのシェアは96.97%だった。

 Windowsのバージョン別では、1位はWindows XPで87.36%、2位はWindows 2000で3.99%、3位Windows Vista(3.23%)となった。

(一部抜粋)

Windows Vistaの世界市場シェアは3.23%――OneStat.com調べ


調査方式は異なるものですが、Windows VistaよりWindows7の方が伸びがよいと言えるでしょう。
これは、Vistaを挟んでそろそろPCを乗り換えるかという人が増えてきたからだと思います。たぶん、この流れは続くでしょう。

ただ、気になるのが、次のWindowsが2011年7月1日に出るという噂が出ていることなんですよねぇ。

・参考
Windows 8のリリース日は2011年7月1日? (スラッシュドットジャパン)

■で、使い心地は?
それで、私も発売した当時にWindows7を買って、使い続けていますが、使い心地はいいです。

まず、特筆すべきは起動の速さ。Vistaの頃だと、スリープを使わないととてもやってられないくらい起動に時間がかかっていたのですが、Windows7の方では毎回切ってもあまりストレスが溜まらないようになっています。

後一点便利に感じているが、スナップ機能です。これは、ウインドウをドラッグしたまんま左右端までポインタを寄せると、そのウインドウがフルスクリーンの半分の大きさに拡大されるというものですが、これが容易に画面を2分割できるので、WUXGAのモニターには非常に便利です。
ただの飾りだったVistaのAeroと比べて、Windows7のAeroは色々と使い易くなっているんですよねぇ。

ただ、未だ原因不明なのが、スリープをした後にシステムが不安定になって落ちやすくなることです。再起動のスピードが速いという改善がなかったら、間違いなくVistaに戻してました。
これはおそらく他の要因との相性問題を起こしているのでしょうけど、ちょっと分からないまんまです。

個人的には、そこそこのグラボを積んでいて、画面がWUXGA以上の方はWindows7はおすすめです。そろそろ乗り換えを考えている方は、試してみてはいかがでしょうか。

もちろん、2011年7月1日に次世代Windowsが出なければの話ですが・・・

HOME |