ソフトバンク携帯、サーバーパンク問題 一番予想外なのはソフトバンク?

  • 2006/10/31(火) 01:00:47

さて、一昨日書いたソフトバンク携帯についての記事に関して、これまでにないほどトラックバックが付いたので、何事かと思ったら、週末にMNPに関して、サーバーの処理が止まっていたのですね。

その問題に関して、遅ればせながら30日に孫社長からの記者会見が行われたようです。

 記者会見では同社社長の孫正義氏と専務(情報システム担当)の阿多親市氏が出席。28〜29日のMNPに関する受付業務停止について陳謝するとともに、30日時点では同受付業務を再開していると訴えた。

 システム停止の理由については、「予想以上に申し込みが殺到した」(孫氏)ことに加え、家族割引などで複雑なシステム処理が発生したためとしている。
「費用は数億円程度」--ソフトバンクモバイル、システム障害で“予想外”の出費(CNET JAPAN)



つまりは、一番「予想外」だったのは、ソフトバンクモバイルにとってだったのですね。
ただ、ここでちょっと気になることがあります。
もしかしたら、サーバーのダウン所ではなく、『通話し放題』の仕組み自体が破綻する可能性がありそうなのです。



この記事を書く前に、ちょっとネットを巡回して情報を集めてみたんですが、結構な割合で
「ソフトバンクから出て行く人間が多すぎて、システムが止まった(または自発的にとめた)んじゃないか」
という意見が出ています。

こっちの話が本当の場合では、懸念される材料はほとんどないです。
本当にソフトバンク携帯を気に入った人間だけが残り、例えば友人同士で好きなだけ、おしゃべりする。
とりあえず、ソフトバンクモバイルが潰れない限りは、いわゆる『通話料0円』は継続できます。



しかし、ここで問題なのは、本当に『予想外』な程人が集まってきている場合。

読売新聞30日朝刊3面のソフトバンクについての記事にこうあります。
ソフトバンクは他社より契約者数が少ないことを「強み」として、通話容量に空きがあることから、「通話し放題」のサービスを導入したが(以下略)

ここでもし、ソフトバンクの予想、つまり『通話容量の空き』を埋めてしまう位契約者が集まってしまったら、そこで終わりです。
『通話し放題』の制度が見直しされてしまうかもしれません。


どちらにせよ、ソフトバンクにとって、何がどれほど『予想外』だったか、早急な調査と分析は必須です。
まずは、最低限の責任を果たすのは企業義務ですしね。


<ブログ内関連記事>
『ソフトバンク携帯』 広告的上手さは毒か薬か

相互リンク企画その2、参加

  • 2006/10/30(月) 01:22:05

以前、2chの『人が少ないブログの管理人集まれ』スレの企画、『相互リンクでアクセスアップ』企画に参加する旨を書いたわけですが、同スレッドにて派生企画が出来たようです。

その名も『ブログ紹介屋』さん。
相互リンクのために、ブログの紹介を行ってくれるらしいです。
といっても、まだ出来たばかりらしいので、方向性も見定めている途中とか。

というわけで、先駆けてこちらも『ブログ紹介屋』さんの参加表明もさせていただきます。


『ブログ紹介屋』さん
URL:http://blogproducer.sblo.jp/



さて、ではついでなので、現在当ブログでは、どのようなSEO(検索エンジンに気に入ってもらう手法)を行っているかを書いてみようかと。

主に行っているのはGoogle対策です。yahooでも最近やっと自ブログ名が上位に来るようになったのですが、いかんともSEOの対策方の情報が少ないので。


で、今行っているのは
(1)キーワード密度の増加
(2)ブログ内リンクのキーワード
(3)相互リンクへの参加


これくらいです。


(1)は、Googleの『ページ内に含まれているキーワードの密度が多ければ多いほど、そのキーワードに関しての重要度が上がる』というものを意識してのものです。
「これ」「それ」「あれ」の指示代名詞を使うくらいなら、キーワードそのものの名前で書くと言うことですね。

ただし、あまりにキーワード密度が高すぎると不自然だとスパム扱いされてしまうという話です。
それ以前に、人間に嫌われてしまうのがオチだと思いますが。


次に(2)は、相互リンクの自ブログオンリー版。
自ブログの関連に対するリンクを作るようにする手法です。
とは言っても、これは大変手間が掛る上に効果の程も不明なので今はほとんどやっていませんが。

わざわざ、リンクを作成する位なら、トラックバック機能を使った方が楽なんですが、それだと自分自身の一目で妙ちきりんなブログになってしまうのが判るので、実行には移せておりません。


最後に(3)ですが、これは定番。
ただ、相互リンクも、近しい内容ページ同士のリンクでないと、余り意味が無いらしいです。

しかし、相互リンクさせていただいているブログさんの記事は楽しく読ませていただいているので、SEO対策になっていなくてもなんら不満はないのですが。


ちなみに、真の定番であるトラックバックについては、あまり積極的には行っていません。
自分に近い内容を書いているブログさんが、なかなか見つからないので。



と、以上こんな感じです。


ブログ開設からほぼ4ヶ月。人にはたくさん来て欲しいですが、なりふりを構わなくなれば、ブログの価値自体が下がってしまいます。

その辺りの舵取り、本当に難しいと実感している近頃です。
多分、他のブロガーの方も同じではないでしょうか……

『ソフトバンク携帯』 広告的上手さは毒か薬か

  • 2006/10/29(日) 05:56:06

色々と巷を騒がせているソフトバンク携帯の0円広告。
「通話料0円、メールパケット代金0円、携帯代0円」と言われれば、なんとも購買意欲を誘われますね。それが実利を伴ったものであるかは別ですが。


それで、実際の所のsoftbank携帯の料金形態とはどのようなモノか、ちょっと調べてみました。



まず、課金携帯は3つに別れているとのことで、名称が『ゴールドプラン』『オレンジプラン』『ブループラン』となっています。


『オレンジプラン』と『ブループラン』については、今の所文句は見あたりません。

内容としてはシンプルで、『オレンジプラン』がauの料金プランをそのまま引っ張ってきたもの、『ブループラン』がdocomoの料金プランを引っ張ってきたもので、それを元から200円分安くしたり、手を加えたりしたモノです。


例えば、auなりdocomoなりでも使用年度に従っての割引というモノがありますが、ソフトバンク携帯に移行しても、同様の割引が受けられるというものがります。
元々囲い込みのためにauとdocomoが定めた制度を無意味にしてしまったわけですね。



ところが、問題となるが『ゴールドプラン』

広告活動で「安い!!」と触れ回っているのが、このプランですが、うまい話には裏を勘ぐりたくなるんですよね。


で、まず月額基本料2880円ですが、これは特に裏はない様子。

2007年1月15日までに加入すれば、11年使用と同等の年度割引で使用できるというモノです。
狙いは、雪崩れ式での加入者の確保でしょうね。


次に通話料、メール代金無料ですが、これがやはり胡散臭いです。

知っている方もいらっしゃると思いますが、これらはソフトバンク携帯同士のみ。
まず、ソフトバンク携帯のシェアが低いわけですから、結局の所活用頻度は自然と低くなります。


だったら、全部の携帯がソフトバンク携帯に変われば良いじゃないか、という意見もありそうですが、それはさすがに無理です。
みんながみんな使い放題で電話などしたら、基地局や使用可能電波帯域の限界を超えます。
そのような場合、規約自体が変わることが必死でしょう。

つまり、この『電話料金、メール料金無料』は、初めからそれほど意味のないことを判ってのサービスなのです。広告効果は絶大ですが。


『携帯本体料金無料』は論外です。本体を買ったその場でお金を払わなくて良いというのは確かに『0円』ですが、後で料金払わなくてはならないというのは、ただのローン強制でしかありません。
別に1円も安くなっていないことを考えると、見せかけのみの仕掛けに過ぎませんね。




というわけで、結局私感で良いと感じられたのは

・ブループランとオレンジプラン全体
・2007年1月15日まで加入者割引


その他には特に魅力を感じられませんでした。


<ブログ内関連記事>
ソフトバンク携帯、サーバーパンク問題 一番予想外なのはソフトバンク?(2006.10.31 Tue)



<11月5日訂正>
『J-Pユーザー』様から、以下コメント欄にて指摘を頂きました。携帯料金が、ただのローン分割という上記記事には誤りがあるだろう、とのことです。
確かに調べてみると、分割する代わりに機種自体の10500円の割引がありますね。

ということで、これはwikipediaでも言ってますが、契約時の携帯をそのまま使い続けるのであれば、スーパーボーナスも十分お得なものであると、言えるでしょうね。

J-Pユーザー様。ご指摘ありがとうございました。

[参考]
wikipedia:『スーパーボーナス』項

HOME |