甘い見通し、プレイステーション3の苦戦は続く

  • 2007/02/28(水) 05:18:46

米国では、プレイステーション3よりWiiの方が販売台数をを伸ばしているようです。
未だキラータイトルの少ないプレイステーション3ですからしようがないといえばしょうがないのですが、この苦戦は予想の範囲内で、将来的には盛り返すことが出来るのでしょうか?

プレイステーション3が家にある人間としては、高い機種がただの箱になってしまうことは避けて欲しいところですが、未だ販売計画の練り直しなど、SECにとっては予定外の出来事が続いているようです。


 ソニー・コンピュータエンタテインメントの欧州法人であるSony Computer Entertainment Europeは2月23日(英国時間)、3月23日に欧州で発売する予定のPS3でプレイできるPlayStation 2のタイトル数が、すでに日本や米国で発売されたものよりも限られたものになることを明らかにした。

 これはPS2との互換性よりも、量産しやすさを重視したためだ。「設計を変え、部品点数を削減した結果」とソニー・コンピュータエンタテインメントは説明する。

(一部引用)


過去のソフトがプレイできなくても売れる?--PS3欧州版はプレイできるPS2ソフトが限定(ZD NET Japan)



当初、SECはプレイステーション3はプレイステーション2の完全互換を謳っていたはずです。
それが、日本での発売当初では完全に互換しているとは言い難い状況で、しかもヨーロッパではハードウェアの点から非互換を生じさせるなど段々と最初の話から食い違ってきています。

そもそも、プレイステーション3は発売が間に合わなかったら延期を行い、値段が高いと批判されれば内部のグラフィックチップの中身の性能も下げてきました(engadget「プレイステーション3:スペックも順調にダウン」

続く小手先の対応はお粗末と言って良く、ここから先もなんらかの問題が生じることは想像に難くありません。


ところで、実は我が家のプレイステーション3は起動画面から先に進まなくなり、修理に出さねばならない状況です。
おそらく我が家のプレイステーション3の運が悪かっただけという話でしょうが、それでもソニー製品に対する不信感は拭いきれません。

『式神 〜桔梗の華に秘めたる想い〜』 レビュー・攻略

  • 2007/02/27(火) 04:16:54

本記事はBlackcycから発売された『式神 〜桔梗の華に秘めたる想い〜』のレビューです。
ネタバレは可能なかぎり避けていますが、ゲームプレイ前に攻略情報やレビューを見ない方、そもそも美少女ゲームに興味の無い方は読み飛ばしを推奨します。


攻略は末尾に書いておきました。



・シナリオ
シナリオは『紙谷龍生』さん、『櫻みゅう』さん、『佐々宮ちるだ』さんです。


私はcyc系ブランドの方のプレイ経験がほとんどないので、どなたがどこのシナリオを担当しているかは見分けが付かなかったのですが、話の流れはかなり面白かったです。
日常描写もしっかりしていますし、主人公もまさに少年漫画の主人公という感じで好感をもてました。

しかし、最初の方は話のスケールが大きくなるかなと思ったのですが、各ルートのラストボスを含め、それほど大物という感じではなかったのが残念です。
まぁ、主人公が半人前より上の一人前以下という感じなので、それほど話がインフレーションしても違和感しか覚えないのかも知れませんが。


あと、注意しておかなければならないことが一つ。

発売元のブランドがWhite cycとなっていますが、このゲーム内では人がエグい死に方をしたりヒロインなどが酷い目にあったりというシーンが含まれています。
あくまで、姉妹分ランドで表現が業界内でも屈指の極悪であるBlackcycと比べて『White』なだけで、他の美少女ゲームと比べると十分ブラックです。
その辺りの表現が苦手な方は避けたほうが賢明だと思います。


・グラフィック
原画家は『椎咲雛樹』さん。今回は企画も手がけたとかというはなしです。

この方はMin dead Bloodの原画も努めていらっしゃった方です。
同社の原画家としては上田メタヲさんもいらっしゃるのですが、私個人としては椎咲さんの絵柄の方が好みです。

作品紹介などを見れば判るのですが、老若男女上手く描きわけられている方で、妖艶な女性から幼い少女まで描けているのはその実力の裏打ちだと思います。
ただし、服装デザインに関してはかなり個性的で、テキスト内で『巫女服』などと表現されていても、見ている側としてはどこが巫女服だと突っ込みたくなるような、そんなデザインです。


・システム

今作はノベルパートだけでなく、バトルパートも存在します。
バトルパートは時間制のターンカードバトルなのですが、陰陽五行に基づいてコンボが形成され、また特殊な組み合わせによって必殺技が発生するなど、やっていて楽しいです。

しかし、その必殺技もエフェクトが派手というわけでなく、ダメージも余り上がるわけではありません。
また、カード集めも余り楽しいとは言い難いので、やっている内に飽きてくるのも実際の所です。
一周すると二周目からはバトルをスキップ出来るようになるので、そこからは大人しくスキップするのが吉だと思います。

シナリオパートはキャラクター選択で意地悪なところもあり、攻略するのはかなり難しいところもあります。


・推奨、非推奨

こんな方にお奨め
・ただのノベルだけでなく、ちゃんとしたゲームもやってみたい方
・少年誌のノリが好きな方
・和風テイストの好きな方

こんな方にはお奨めできません
・きつい描写が苦手な方
・話の途中でカードゲームなど入ってしまうと気が散って仕方がない方
・世界規模や宇宙規模の壮大な物語をお求めの方









・攻略指針
今作はちょっと詰まるような内容だったので、各ヒロインのルートの軽い攻略だけメモ代わり書いておきます。



須崎綺來
キャラクター選択は綺來一筋で大丈夫です。

選択肢
・買い物に誘う
・綺來の助けになってやりたい
・大切な人を救いたい
・そばに居てくれるか?



柊音美
音美もキャラクター選択は一筋で

選択肢
・とりあえず、大丈夫だろう
・つきあい始めたばかりなんです
・なつきを止める
・再度挑戦する


華原綾乃
普通にプレイしていると引っ掛かる、他二人と比べて攻略の難しいシナリオです。
基本的には、綾乃一筋で選んでいれば大丈夫なのですが、17日の昼に侑子先生を選択しないとバットエンド直行です。

選択肢
・よし、誘ってみよう
・とりあえず、大丈夫だろう
・中へと誘う
・華原先輩に付いて行く
・方法を探す
・抱こうか、と提案する
・現実を見つめて欲しい、と頼む
・綾乃さんを抱く
・言い出すまでこのまま
・『逃げろ、綾乃さん』、『逃げろ、水菜』でエンディング分岐


冬萌
冬萌ルートは上記三人をクリアした後、最初から始めることでルート突入可能です。
冬萌キャラクター選択画面が無いため、ルート突入にはかなり引っ掛かるかも知れません。

選択肢
12日
綺來→綺來
13日
音美
14日
綺來(買い物に誘わない)
15日
(とりあえず、大丈夫だろう)
17日
綾乃→校門前
19日
綺來
21日
音美

ニコニコ動画サービス停止 新しいサービスはどうなる?

  • 2007/02/26(月) 04:44:29

DDoS(Distributed Denial of Service)アタックによって、一時的にサービスの停止を行っていたニコニコ動画ですが、βサービスの終了と相成りました。

サービス形式としては面白かったのですが、歪みも色々と抱えていたようです。


ニワンゴの「ニコニコ動画」がサービス拒否(DDoS)攻撃を受けて一時サービスを停止していた問題で、同社は2月24日夜、ニコニコ動画のβサービスをいったん終了し、新バージョンを1週間後をめどに公開すると発表した。


トップページでは「いったんβサービスを終了する」と告知 同社によると、DDoS攻撃を受けたのと同じころにYouTubeがニコニコ動画からのアクセスの一部を遮断していたことが分かった、という。ニコニコ動画はβサービスとして1月から公開してきたが、これを機にいったん終了し、新バージョンの開発に着手したという。

ニコニコ動画がいったん終了 「YouTubeがアクセス一部遮断」(ITmedia)



DDoSアタックの対処は大体目処が付いたようですが、気になるのがYouTubeからのアクセス遮断です。
ニコニコ動画は、YouTubeかAmebavisionの動画をそのまま使って、コメントを上から表示しているわけですから、その元の動画が表示されなければサービスとして成り立ちません。

自分のところでサーバーを立てて動画も自分のところで処理するというのも一つの手でしょうけど、あのアクセス数を賄うにはそれこそ相当の費用がかかるでしょう。
収入がほぼゼロの現状では、そこまで投資するのは厳しすぎますね。


そもそも、YouTubeからのアクセス遮断の理由は何なのでしょうか。

DDoSアタックに巻き込まれたから一時的に遮断されたという話だったら良いのですけど、その他の理由だったら解決は難しいです。

例えば、ニコニコ動画目的に18禁動画がアップロードされたり、タイトルが日本語で外国の方が判りづらい動画が大量にアップロードされたということもありました。
これらを厭われてアクセス禁止を喰らっていると言うことも考えられます。

それに、大体動画だけが外部サイトで閲覧されてしまうのですから、YouTube側は負荷がかかるだけで広告収入を得ることも出来ず、まさに踏んだり蹴ったりです。
そちらの理由でも、YouTube側はアクセス禁止を従っているのではないかということは想像に難くないです・


まぁ、どのみち一週間後にはまたサービス開始をするというアナウンスが出ているので、そこからどのような形式になるのかを楽しみに待ちましょう。

HOME |