一日一品通販サイト「超一品.com」

  • 2008/11/30(日) 23:08:06

皆さん、「超一品.com」という通販サイトをご存じでしょうか?
選りすぐりの一品を一日間のみ販売するというサイトなんですが、これが微妙におもしろいサイトです。

<サイトリンク>
超一品.com -一日一品だけのお買い物サイト

このサイトの販売システムは実にユニークで、商品が置かれるのは一品のみで午前24時間経ったら次の商品に置き換えられます。
その間に売り切れが出ればそれまでですし、売り切れなくても24時間経ったらその商品は二度と買うことができません。

販売されている商品は大体デジタルものに偏っています。最初「超一品」という名前がサイトについていることから、どんな高級品やら珍品が扱われているのだろうと思っていましたが、大体はそこらのお店で手に入るものとなっています。
ただ、お値段についてはかなり安めです。場合によっては価格.comの最安値を軽く下回りますので、欲しいと思った商品が挙げられたら、即買っても問題はないでしょう。

また、このサイトの良点として挙げられるのが、紹介文がおもしろいところです。時にはストーリー仕立てでの紹介文が載せられているので、暇なときにでもちょこっとのぞく気にさせられます。


ただ、これらの良い点があっても、どうも知名度が伸び悩んでいるのか、ブログに商品を紹介しただけで200円分の謝礼プレゼントというキャンペーンが現在行われています。おそらく、ブログで紹介されることで口コミ効果を狙うとともに、検索エンジンからの表示ランクを上げていきたいという目論見だと思います。
ちなみに、このキャンペーンが適用されるのは、商品に対しての紹介で、本ブログみたいなサイト自体の紹介ではアフィリエイト対象にはならないと思いますが。


さて、この興味深い通販サイトである超一品.com。個人的にはおもしろいと思っているのですが、ある日突然閉店しそうな気もするのですが、いかがでしょうか?

どうした?ソフトバンク・ヤフーの大幅な値上げ

  • 2008/11/24(月) 00:12:48

安くて便利なサービスを打ち出し人気を博していた、ソフトバンク有するYahoo!JAPANやソフトバンクモバイルですが、ここ最近、料金値上げやサービスの省略化などのニュースが次々と出てきています。今回は、それらでも目立つものを取り上げて見ようと思います。

(1)携帯の取扱説明書の有料化

 ソフトバンクモバイルは、紙資源使用料削減の施策として、2008年冬モデルのうち2機種で、取扱説明書をリニューアルし、従来の1/3の薄さにする。約67%の削減効果が見込まれている。

(中略)

 1/3の薄さになる取扱説明書は、いわば「標準版」という扱いで、標準版に記載されない詳細な使用方法はWebサイト上で案内する。また、詳細版の取扱説明書を希望するユーザーに対しては、同社Webサイト上でPDF版が無料配布されるほか、サポートセンターかオンラインショップで冊子版を申し込める。冊子版は有料で1050円、送料は525円。

 同社では2009年春以降に発売するほとんどの機種で、同様の取り組みを行っていく。


ソフトバンク、紙資源節約で携帯の取扱説明書を1/3の薄さに (ケータイWatch)

パソコンの取り扱い説明書でデータのみというのは時々見かけますが、携帯電話ともなりますと、例えば低年齢のユーザーなどは自由に見ることのできるPCを用意できないというケースもあるかもしれません。
環境負荷対策というのは理解できますが、不便を感じるユーザーも出てくるのも確かでしょう。


(2)ヤフー!ケータイトップページアクセスの有料化
 ソフトバンクモバイルは10月31日、携帯電話向けインターネット接続のポータル(玄関)サイト「ヤフー!ケータイ」のトップページを閲覧した際のデータ通信料金を来年2月1日から有料化すると発表した。料金は1回当たり数十円とみられる。閲覧頻度が高いページだけに、データ通信サービスの増収や定額料金プランの加入者増につながる可能性がある。

(以下略)

ソフトバンク、「ヤフー!ケータイ」のトップページ有料化(日経産業新聞)


これに関しても、定額プランを契約し日常的に大量のパケットを消費している一部ユーザーには大したことではないでしょうが、一般的なユーザーにとってはかなりの痛い出費となることは間違いありません。

そもそも携帯のトップページにアクセスしなければ良いという意見もあるでしょうが、、ソフトバンク携帯の場合、料金確認ページなどはトップページを経由しなければならず、トップページにアクセスせずに済ますというのは少々難儀となるでしょう。

それで、この料金確認ページですが、これも値上げの話題が出ています。

(3)料金確認ページの要大パケット化

携帯電話端末の「Y!」ボタンを押しただけでアクセスできる「Yahoo!ケータイ」トップページへのアクセスが有料化され、さらに一部の携帯電話では本体を傾けるだけで数十円が再課金されるようになることに加えて、一部の携帯電話で取扱説明書が有料化されることが明らかになったソフトバンクモバイルですが、今度は料金確認ページへのアクセスが高額化されることが明らかになりました。

他社では料金確認は基本的に無料化されていますが、これにより料金確認をするだけで100円を超える額が課金されるようになる模様。つまりソフトバンクモバイルの場合、パケット定額プランへの加入が必須ということなのでしょうか…。

(以下略)


ソフトバンクモバイルが料金確認ページへのアクセスも高額化へ、説明書有料化や「Y!」ボタン課金に引き続き(Gigazine)



 この(3)も合わせ、(1)(2)のような値上げは、通信料金プランなどの表に出やすいところと比べると目立たないところですが、それでも「ソフトバンクは安い」というイメージ戦略に傷をつけると見て間違いはないと思います。

 ちなみに、値上げはソフトバンクモバイルだけでなく、ヤフー本体の方にも及んでいます。

(4)ヤフーブリーフケースの通常会員の向けサービス廃止

 ヤフーは11月6日、オンラインストレージ「Yahoo!ブリーフケース」を、Yahoo!プレミアムとYahoo! BBの有料会員限定サービスに変更すると発表した。Yahoo!ブリーフケースの利用者数は非公表。

 有料会員でないユーザーは、12月1日以降はアカウントの新規作成やファイルのアップロードなどが行えなくなる。また、2009年2月2日には、アップロードされているデータをすべて削除する。

 ヤフーでは「アップロードしたデータは2009年2月1日までに自分のPCにダウンロードしてほしい」と呼びかけている。


Yahoo!ブリーフケースが有料会員限定に データは09年2月に削除
(ITmedia)


 しかも、このプレミアム会員料金自体も値上げとなっています。

(5)プレミアム会員料金の値上げ
 
Yahoo! JAPANを運営するヤフーは8日、有料会員サービス「Yahoo!プレミアム」の利用料金を12月1日に改定すると発表した。これに伴い、現行の月額294円から月額346円に値上げされる。

(中略)

 現在の月額料金は294円で、会員ID数は714万件(8月末時点)。今回の価格改定についてヤフーは、Yahoo!プレミアム会員向けに配信する特典動画などによるトラフィック上昇に対するサーバー設備の増強コストのほか、Yahoo!プレミアム向けの特典調達費用、人件費が増加傾向にあるためと理由を説明。値上げに伴う増益は、単純計算で年間42億円を見込み、得られた利益はサーバー増強費用などに割り当てるとしている


Yahoo!プレミアムが12月より値上げ。月額料金は346円に (BB Watch)


 これらの料金値上げ、サービス内容の弱化が長期間に渡り少しずつ行われるならばさほどの問題はないのですが、一番古いものでも1ヶ月半前とかなり急な展開となっています。

 各所でささやかれつつもソフトバンクが必死に否定している景駅期ですがが、本当のところはかなりまずいところにあるのではないかと邪推せずをいられませんが、皆さんはどうでしょうか?

RADEON HD 4830でベンチしてみました

  • 2008/11/16(日) 23:32:55

今使っているマザーボードがK9AG Neo2-Digitalでして、グラフィック機能はオンボードのRadeon Xpress 1250ですが、そろそろ役者不足となってきました。
 
というわけで、新しく買ってきたグラフィックカードはAMD社のRADEONシリーズ『RADEON HD 4830』で、玄人志向の『RH4830-E512H/HD』となります。

まぁ、買ってきたらベンチをしたくなるのはユーザーの常でして、以下その結果です。ベンチの種類がアレなのはご勘弁を。

現在の構成は以下の通りです。
【CPU】Athron 64 X2 5200+
【MEM】2GB
【M/B】K9AG Neo2-Digital
【ドライバ】Catalyst 8.10
【 OS 】Windows Vista SP1 Ultimate


・3DMARK6(Build 1.1.0)
SCORE・・・8618

4Gamersの記事によると
、こちらが行った結果より良い結果が出ていますが、これはグラフィックカード以外のスペックが大いに影響しているのだと思います。

メギドベンチ


高画質・・・12871
低画質・・・13831
Leaf発売予定の3DRPG『君が呼ぶ、メギドの丘で』のベンチです。
高画質と低画質の結果がほとんど変わらないのは、おそらくほぼ上限近くまで達しているからでしょうか。まぁ、スコアは5000以上でれば十分らしいので、これ以上あがったとしても意味はないのですが。

闘神都市III ベンチマーク

【設定】
描画モード・・・高画質
アンチエイリアシング・・・なし
VSYNC待ち・・・なし
シャドウ・・・低画質
シャドウマップ解像度・・・中画質
テクスチャ解像度・・・最高画質
テクスチャフィルタリング・・・双線形保管フィルタ
バンプマッピング・・・バンプマッピング
ブルーム・・・なし
グレア・・・なし
フォグ・・・あり
スペキュラー・・・なし
輝度調整・・・0
2の累乗サイズテクスチャ・・・使用する
スフとフォグエッジ・・・なし
アンビエントオクルージュン・・・なし
頂点処理・・・ソフトウェア
シェーダ精度・・・低精度
ライトマップ・・・使用する

で、323.4fpsとなりました。
また、上記設定を全て負荷のかかる設定にすると85.7fpsとなります。



以上の通りですが、そこそこのゲームをするならば十二分なレベルで、ファン音も余りうるさくないため、満足です。長くつきあっていければいいのですが。

HOME |