アニメ制作現場の動画マンの平均年収は約105万円!

  • 2009/05/30(土) 23:35:04

今やクールジャパンの名が付くとおり、世界に通用しつつある日本のポップカルチャー。その一つがアニメとなりますが、そのアニメ現場を支えている方々が非常に少ない収入で頑張らざるを得ない状況にあるということをご存じでしょうか?

日本アニメーター・演出協会の調査によると、動画スタッフで平均年収約105万円という驚くべき結果が出ています。


 アニメーターや演出家らでつくる日本アニメーター・演出協会(JAniCA)がアニメーターの生活実態をめぐり、国内初の大規模な調査をした。かねて問題視されてきた厳しい労働実態を数字で突きつける結果となった。

(中略)

平均年収(アニメ以外の収入含む)は、動画を主な仕事とする人が約105万円、原画は約232万円、演出は約333万円、監督は495万円だった。年代別では20代が平均約110万円、30代でも約213万円、40〜60代で400万円台となる。概算の時給は動画298円、原画689円、監督1412円。

(以下略)


20代アニメーター、平均年収は110万円 協会調査(asahi.com)


105万円というと、下手をすると、頑張っている学生のバイトにも負けてしまうでしょう。また、憲法第25条に基づき最低限度の生活を保障するために設けられた生活保護の支給額も下回ります。

麻生総理はコンテンツ・クリエイティブ産業の発展を経済対策の一案として挙げています。その体制下では、例えば、117億円のアニメミュージアムの建設案が持ち上がっているのは有名な話です。
しかし、国家予算を練るだけが政治家の仕事ではなく、国民が平穏な暮らしを後れるように法律を立て、政事を行うのも彼らの仕事でしょう。

時折、「年収が低いのを了解した上で職業選択したから自己責任だ」「好きなことをやっているのだから収入は少なくとも仕方がない」という意見を見かけます。しかし、普通人間は、生理的欲求をも満たすことが難しい環境において、その情熱を維持するのは難しいです。推測でしかありませんが、おそらく収入の低さによって道をあきらめた方というのは大勢いると思います。

これはどこの業界でも言えることですが、最近、日本の産業の屋台骨を支える人々が非常に冷遇されている状況にあるように思えてなりません。
各業界のプロディーサーの立場にある方々は、発展途上国で安価に手に入る労働力を意識してのことでしょうが、低い方に合わせていて国力など上がるはずもありません。
本来日本という国は、他国より良い品を、カイゼン活動などでより値頃に提供するというのが良い点だったと思うのですが、段々と下へ下へと流れていっているような気がします。

日本の内需を強化するなら、まず労働環境から。コンテンツ・クリエイティブ産業の振興でも、友愛社会でもどちらでも良いですから、政治家の皆さんがたはこの辺りを考えていただけるとありがたいです。

7月17日発売などの噂が駆け巡る新型iPhone

  • 2009/05/24(日) 23:04:25

次のWWDCで発表されると目されている新型iPhoneですが、既にどのようなスペックであるかの話が出てきています。以下、最近話題になっているApple iPhone Appsというサイトの"Source Reveals Specs And Release Date of Next iPhone!"という記事をEngadget 日本版が取り上げたものです。

・ディスプレイには液晶ではなく有機ELが採用される。
・容量は32GBと16GB
・メモリ・プロセッサ速度は「およそ2倍」
・カメラは320万画素へ
・動画撮影が標準サポートされるのに加えて、iPhone上で動画編集まで対応
・電子コンパス内蔵
・FMトランスミッタ内蔵
・GPS と電子コンパス、傾き(姿勢)センサーとカメラを組み合わせた新しい機能・サービス (たとえば GPSでおおまかな場所、コンパスと傾きセンサーで撮影方向、あるいはカメラ側のAFなどといった情報を組み合わせて、場所だけでなく写真に撮った被写体を認識・検索するetc)
・バッテリー駆動時間は現在の約1.5倍

うわさ:新 iPhoneは有機ELディスプレイ採用・7月17日発売?(Engadget 日本版)


最近のAppleは情報統制がゆるんできて、大体事前に情報が漏れてくるものなので、これも正しい情報かもしれません。ただ、いくつかは本当かと疑ってしまうものもあります。

例えば、プロセッサ速度2倍とバッテリー駆動時間が約1.5倍というもの。プロセッサ速度は上がれば上がるほど電力を食うモノなので、その速度を倍にした上でバッテリーも上げることができたというのはにわかに信じがたいです。
ただ、今回のディスプレイは有機ELによるものということで、小型の有機ELディスプレイは液晶ディスプレイより消費電力が少ないと言われていることから、その辺りで電力の節約を行っているのかもしれません。

逆に、メモリの倍加は必然といっても良いかもしれません。
これまでのiPhoneでは、メモリなどの制限によって完璧なマルチタスクは実現されていませんでしたが、今回の新バージョンiPhoneではマルチタスクを可能にしてくるでしょう。
その他のセンサーやコンパス系も必要不可欠とは言えませんが、搭載されればかなり魅力的であるといえます。

それにしても、iPhoneも非常に魅力的な機種になってきましたね。
アプリの数も増えてきましたし、容量も十分なほどになってきました。そろそろ現在の携帯に見切りをつけて、iPhoneに乗り換えしようと思います。

その時には使用感についてレビューを行いますのでお楽しみに。

日経ビジネスのデジタル家電悲観論とイノベーションのジレンマ

  • 2009/05/17(日) 18:52:18

学生時代に、日経ビジネスを定期購読してから2年目になりますが、どうも最近の日経ビジネスは悲観が過ぎる気がします。
例えば、特集企画は批判的な内容でも、対策案を提案し、具体化している日本企業を挙げているのですが、今週の特集記事ではほぼ悲観論が占められていました。

今週の特集記事「激安デジタルの驚異 〜液晶テレビは誰でも作れる〜」の記事項目の見出しは以下の通りになっています。

激安デジタルの驚異〜液晶テレビは誰でも作れる〜
 5万円テレビはこう作る
 ・テレビ選びの基準がかわる?
 ・不況が生んだ激安液晶テレビ
 ・高機能はもう要らない
 ・デジタル3兆円市場が消える
 ・価値の源泉、気づけばリスク
 山賊ケータイ、市場略奪
 ・価格は正規品の8分の1」も
 ・山寨機の経済圏が確立
 ・日本流の市場開拓に暗雲
 ・日経部品・素材は新興国シフト
 ・NECは高級ニッチ路線に転換
 ネットとの融合は幻想
 ・「ネットでも儲ける」が合い言葉だが
 ・IT業界の巨人も参戦
 ・「進化」でなく「変異」の開発を

日経ビジネス 5月18日号 P24〜P38(日経BP社)


上記記事で挙げられている中で挙げられている対策案らしい内容が記述されてるのは『「進化」でなく「変異」の開発を』の項目だけでした。ただ言ってることは的外れではないんですよね。

要は、日本の家電業界はクレイトン・クリステンセン氏の挙げている「イノベーションのジレンマ」の状態にあるのではないかと私は思っています。
参考:イノベーションのジレンマ(Wikipedia)

ちなみに、クリステンセン氏は2003年の基調講演にて、従来商品の価値を打ち壊す「破壊的イノベーション」に対抗するにはどうすれば良いのかについて以下のように語っています。

 破壊的イノベーターを相手に巻き返しを図るためには、大企業は子会社を設立し、しかもその子会社に親会社を脅かすほどの自主性を与える覚悟が必要です。最近、いくつかこのような例が現れています。HPはレーザープリンタ事業の一環としてインクジェットプリンタの販売を行っていましたが、あまりうまくいきませんでした。そこでHPは、レーザープリンタ事業に影響が出るのを覚悟で、バンクーバに独立組織を設立しました。

(一部引用)

イノベーションのジレンマに陥る優良企業たち(CNET JAPAN)


上記のように、悲観的な状況においても対策を挙げられることはいくらでもできます。
正直なところ、批判文だけならネット上のブログや掲示板で十分です。
私が情報にお金を払っているのは、個人では扱うのが難しい、具体的で前向きなレポートや提言であり、そこら辺の素人に行える程度のものではないのではありません。
日経ビジネス誌にはその辺りをもう少し考慮していただけるとありがたいのですが。

HOME |