「きっと、澄みわたる朝色よりも、」レビュー

  • 2009/07/25(土) 21:00:55

またまた久方ぶりとなる美少女ゲームレビューです。
今回のレビューはpropeller制作の「きっと、澄みわたる朝色よりも、」となります。

<シナリオ>

本作のシナリオライターは「朱門優」氏です。
氏は「めぐり、ひとひら。」発売後にキャラメルBOXを辞めた後、Lump of sugarでも「いつか、届く、あの空に。」を制作した後に退社。それから本作のブランドである「propeller」に移籍とかなり各地を転々としている印象があるライターさんですが、朱門氏は次もここにとどまっているのでしょうか?

さて、本作のシナリオですが、美少女ゲーム系としてはかなり特殊です。
シナリオルートは分岐なしで、ヒロインも実質「与神ひよ」のみです。
そのため、人によっては合わないと感じるかもしれませんが、話の質や長さは十分だと私は感じました。

それでシナリオの中身についてですが、ギャグの多い日常シーンとシリアスなシーンの落差が激しいと言えますが、話の中核を担う四君子の面々の繋がりの強さと、その絆によって各々の問題のみならず、他の問題の解決へと取り組んでいく様というのは非常に心を打たれるものがありました。

個人的には話の展開の仕方が美少女ゲームというより、ライトノベルの方が近いように見受けられました。


<グラフィック>
原画担当は「やすゆき」氏と「ヨダ」氏です。
私がやすゆき氏が原画をつとめるゲームをプレイするのは初めてですとなりますが、この方はソフトブランド「DIVA」の「冬のロンド」で原画をなされていた方だと思います。冬のロンドのイラストを見たときは特になんの感慨を抱かなかったのですが、本作「きっと、澄みわたる朝色よりも、」をプレイしたときには、動きや表情が生き生きとしていて、非常に上手なイラストレーターさんだなと感じました。

次にヨダ氏ですが、通称で「暗黒絵師」とも呼ばれるシュールなデフォルメイラストで人気を集めている方です。この方も朱門さんと同様キャラメルBOXに在籍していたため、色々なメンバーが入れ替わった現在のキャラメルBOXと比べると、「きっと、澄みわたる朝色よりも、」の方がキャラメルBOXぽい作品という印象を受けるんですよねぇ。


<総評>
シナリオ、原画とも非常にクオリティの高い作品ですが、話の構成はライトノベルに近く、一般向けで出してもかまないのでないかという印象でした。
ただ、面白いか面白くないかと聞かれたら、「徹夜で一気にプレイしてしまったほど面白いです」という答えを返します。


<推奨・非推奨>
こんな方にお奨めです。
・キャラメルBOX「めぐり、ひとひら。」をプレイ済みの方
・ライトノベルの好きな方
・うんちく、雑学が好きな方

こんな方にはお奨めできません
・ヒロインとして「夢乃蘭」「樫春告」を気に入ってしまったから
・エンディングは何通りもある方が好きだという方
・18禁ゲームとしての要素を強く求める方




イーモバイルが通信速度規制表明 -携帯は会社続々と

  • 2009/07/20(月) 01:32:56

2007年にサービスを開始し、携帯通信会社としては新参にあたるイー・モバイルですが、ついにこの会社も、他の携帯通信会社と同様に、通信の制御を行うことを表明しました。


 イー・モバイルは10月1日より、すべてのイー・モバイル契約者を対象に、通信品質確保を目的とした通信速度制御を実施する。同社は5月1日より、「帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づき、連続的かつ大量の通信を利用しているユーザーに対して、通信速度制御の検証を実施してきた。

 EMモバイルブロードバンドおよびEMnet、EMチャージなど、イー・モバイルが提供するすべてのデータ通信サービスが対象になる。前々月の利用実績が1カ月間で300Gバイトを超えた場合、通信速度を1カ月間制御する。

(以下略)

1月で300GBを超えたら、通信速度制御--イー・モバイル、10月1日より(CNET JAPAN)

イーモバイルが明らかにしているのは、300GB以上の使用による通信制御ですが、ここで気になったのが、他の通信事業会社が具体的にどの程度の通信によって制御を行っているかです。
それで、ちょっと調べてみました。

まず、ソフトバンクモバイルですが、「「データ定額プラン」をご利用中のお客さまへ」によると、イーモバイルと同様300GBの使用によって通信制御を行うと書いています。
携帯のみで使うとなると十分過ぎる量と言えますが、もPCに繋げて使うと仮定した場合には不十分といったところでしょうか?

次にドコモですが、どこからどこまでというのは発表されていないようです。
見つけることが出来たのは、以下の今年1月の記事で、以下のように書かれています。
 一方、ドコモでは今回のネットワーク制御方針の改定後、制御対象基準は公開しない。同社では「混雑する場所、時間帯に加え、過去数日間という直近の利用実績を参考にネットワーク制御を行う。基準は明示しないが、利用状況を見ながら柔軟に対応していく」としている。

 対象となるユーザーの端末だけに絞って制御する、という形になる見とのことで、制御方針を変更する理由については「ネットワーク利用の公平性という観点から、ごく一部のユーザーが占有しているのは問題があると判断した」と説明している。


(一部抜粋)

「パケ・ホーダイ ダブル」でPC接続も定額に、帯域制限は強化
(Internet Watch)

上記ようなあやふやな態度というのは、一度ユーザーに不信感をもたれるてしまうとやっていけないものですが、最大手の自信があり、通信品質の確保に積極的な投資をしていると評判のドコモだからこそとれる態度といっていいでしょうか。

最後にauですが、「EZwebにおけるデータ通信速度制御の開始について」によると、300万パケットを境目としています。
1パケットが128Byteなので、300万ケットというと大体300MByte〜400MByteほどになると思いますが、妙に少ないですね。これだとイーモバイルやソフトバンクと比較にならないほど少なくなってしまいますが、私はなにか計算を間違えているでしょうか?

とりあえず、各社それぞれの対応を取っているのが見て取れました。auだけ妙に少ない結果となりましたが、ここまで厳しい帯域制限をかけて、果たして全体的な通信品質の顧客満足度は向上したのでしょうか?

MSに牙を剥くGoogle 「Chrome OS」を発表

  • 2009/07/12(日) 21:35:43

携帯用のプラットフォーム「Android」を搭載した機種がついに発売され、続々と新展開を続けるGoogleですが、今度はネットブック用のOS「Chrome OS」を発表しました。


Google OSのうわさが現実になろうとしている。Googleのブラウザである「Google Chrome」がベースになるようだ。
Googleは米国時間7月7日夜、同社ブログで「Google Chrome OS」を発表した。同社によると、2010年後半にはある製造会社のネットブックと呼ばれるローエンド向けPCに搭載される予定だという。どこの製造会社かは明らかにされていない。このオープンソースプロジェクトの内部ではLinuxが稼働するが、アプリケーションはウェブ上で稼働する計画となっている。


(以下略)

グーグル、ChromeベースのウェブOSを計画--ついに公式ブログで明らかに(CNET JAPAN)


これまで、Googleはマイクロソフトと真っ向からの対決姿勢を明かにするのをなるべく避けていました。例えば、Office互換にあたるWebサービス「Google ドキュメント」のβ版を発表したときも、以下の通り、消極的な発言に留めています。

 GoogleでGoogle Docs & Spreadsheetsのプロダクトマネージャーを務めるJonathan Rochelle氏によると、世間の憶測とは異なり、GoogleにはMicrosoftのOfficeによって独占されているデスクトップ生産性スイート市場からシェアを奪取するつもりはないという。

(一部抜粋)

グーグル、「Google Docs & Spreadsheets」ベータを発表(Cnet Japan)


今回も、対MSの意志は表明されていませんが、もしこの「Chrome OS」が成功すれば、ネットブックでも最大のシェアを誇るWindowsの売り上げを減らすことになるのは確実でしょう。

ただ、この「Chrome OS」が成功するかどうかは、正直のところわかりません。
Ajaxにより組み上げられたWebアプリは、未だクライアントにインストールされたアプリより操作性という点では難があるものが多く、またネットとの通信速度はSSDに対するアクセス速度に大幅に劣ります。

とりあえず、このChrome OSが搭載されるネットブックの発売が2010年とのことなので、それまでにどのような形で仕上げてくるか、成否を問わず楽しみではあります。

HOME |