情報流出は企業を潰す?

  • 2007/07/26(木) 14:09:53

 インターネットが発達する前は、情報流出なんていうものは産業スパイによるもの位だったのですが、最近ではあらゆる経路からの情報流出がありえます。
 社員がWinnyを使っていれば重要情報もだだ漏れですし、昔はダンボールが必要だった量が数十グラムのフラッシュメモリに収まってしまいます。

 となると、容易になった情報流出によって多大な損害が生じ、あっけなく企業が潰れてしまうこともあり得えます。

 マカフィーは7月25日、「Datagate: The Next Inevitable Corporate Disaster(データゲート:避けられない企業災害?)」と題した研究報告の日本語版を発表した。

 調査の結果、回答者の33%が「不慮、あるいは意図的な、大規模な機密データの情報漏洩により、企業が倒産に追い込まれる可能性もある」と回答。その一方で、60%が「過去1年間で情報漏洩を経験している」と答え、「過去2年間一度も経験していない」と答えたのはわずか6%だった。

(以下略)


情報漏洩などのセキュリティ被害で企業倒産の可能性も--マカフィー調べ(CNET JAPAN)



 先ほども述べましたが、ITの発達によって収集できる情報量も処理できる情報量も以前とは比べものにならないほど増えています。
 
 収集できる量が増えたと言うことは、流出した時のダメージが大きくなると言うことです。
 昔起こったYahoo!BBの情報流出が約500万人で、このときが一人頭500円のお詫び金という話でした。
 つまり、賠償金だけで25億円支払ったと言うことになります。
 これは、中小企業だったら容易に傾いてしまう金額です。


 また、情報流出の危険性から生じるネックとして、作業効率の減少です。

 最近では、多くの企業がセキュリティ対策のため、情報の持ち運びが禁止されています。
 社内専用PCの貸与などは可愛いもので、フラッシュメモリの使用禁止やハードディスクの抜かれたPCなどは情報流出に対する企業の恐怖感がありありと現れています。
 もちろん、セキュリティ対策としては良い手段なのですが、自宅へ持ち帰っての作業が出来ないというのは明らかに作業効率の低下を招きます。


 しかも、この問題に対して絶対解が生まれないというのが業の深い話です。
 セキュリティ企業は儲かるようですが。
セキュリティソフト市場はID管理、脆弱性管理を中心に高成長--IDC予測

 

<<任天堂米国でWii圧倒的売り上げ ---任天堂の勝利で決定か? | ホーム | 学校裏サイト、不愉快率8割>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

モンクレール アウトレット

MOONLIT RAIN 情報流出は企業を潰す?

<<任天堂米国でWii圧倒的売り上げ ---任天堂の勝利で決定か? | ホーム | 学校裏サイト、不愉快率8割>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |