再拡大するGumblarウイルスの被害

  • 2010/01/11(月) 00:23:27

昨年末、JR東日本のGumblarウイルス感染についての話を取り上げましたが、今年になっても著名なサイトの改ざんにおいてのウイルス感染が次々とニュースとなっています。

■大企業のサイトからシマンテックまで
 昨年のはじめの頃は、Gumblarウイルスに関連するサイト改ざんなどで話題となっているのは中小企業や個人サイトだったわけですが、昨年末あたりからは誰もが知っている企業のサイトが続々と改ざんされ、ウイルスをばらまいています。

その最たる例が昨年末のJR東日本のサイト改ざんで、それからもローソンやハウス食品、Yahooなどがサイト改ざんの被害にあっています。

今度はハウス食品 採用サイト改ざん、閲覧者1万2000人にGumblarウイルス感染の恐れ
ローソンの採用サイト改ざん 閲覧者にGumblarウイルス感染の恐れ
気づかぬうちにGumblar被害、「Yahoo!占い」でも改ざんが発覚

また、これだけでなく、アメーバとシマンテックの合同特設サイトも被害にあっています。このケースでは直接シマンテックのサイトではありませんが、セキュリティ企業が関連しているサイトの換算というのが問題の根深さを感じさせられます。

 大手ブログ「アメブロ」を運営する「サイバーエージェント」(東京都)は7日、ブログを装飾するパーツ「ブログパーツ」の一部が不正に改竄(かいざん)されたと発表した。6日までにこのブログパーツをダウンロードできるブログを閲覧した場合、ウイルスに感染している可能性がある。

(中略)

 改竄されたのは、セキュリティソフト会社「シマンテック」(東京都)との特設サイト「ノートン警察」で配布していた「『Norton Police City in Ameba』容疑者捜査ブログパーツ」。タレントの中川翔子さんを起用し、サイバー犯罪防止を啓蒙するためのものだった。


アメーバのブログパーツ、ガンブラー感染か 被害拡大の恐れ
(MSN:産経ニュース)


■ユーザーが取れる対策は?

 これだけ猛威を振るっているGumblarウイルスによる被害ですが、改ざんされているサイトを避ける事自体は難しいといえます。なぜなら、見た目だけでの判断が非常に難しいからです。
 
 ただ、ウイルスはソフトウェアの脆弱性をついてくるものがほとんどですから、その脆弱性を埋めておくのが一番の対策となります。
 Gumblarウイルスの場合、PDFやFlash、JAVAを介して感染することから、これらのソフトウェアを最新にしておき、さらにOSやアンチウイルスソフトも最新の状態にすることが必要となります。

 しかし、Gumblarウイルスも亜種が次々と出ているようなので、上記の対策をとっても完璧とは言い難いんですよねぇ。
 あと思いつくのは、定期的にセキュリティ情報を仕入れておくこと位でしょうか。それと、常にPCが重いなどの怪しげな挙動が感じられたら、ウイルス感染を疑ってみるべきかもしれません。

<<コミックマーケット77(C77)参加レポート | ホーム | Googleは我慢の限界 -もう検閲には従わないとの姿勢を示す>>

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<コミックマーケット77(C77)参加レポート | ホーム | Googleは我慢の限界 -もう検閲には従わないとの姿勢を示す>>

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |